今更ですが、みんな大好き久保田スラッガーについて調べてみました

久保田スラッガーグラブの人気の背景

 

 

野球マニアの間では絶大な人気のある久保田スラッガーグラブとは、どのようなグラブなのでしょうか?

大手のスポーツメーカーがブランド名を前面に出してグラブを販売している中、なぜ久保田スラッガーグラブが根強く支持されるのか、ここではそれを販売する久保田運動具店の歴史とそのコンセプトや提供している商品、支えている職人さんについて紹介します!

 

創業時から野球一筋に顧客のニーズに応える久保田運動具店

 

株式会社久保田運動具店は、大阪府大阪市北区に本拠を置く野球用品などの製造・販売と卸売に加えて野球場などスポーツ施設建設工事を請け負う会社です。久保田運動具店は、明治大学在学中は六大学野球などで、卒業後は社会人野球で活躍した久保田信一氏によって1936年に創業されました。野球を広く普及させたいとの思いとともに、関西在住の野球人からの強い推薦によって創業に至ったと伝えられています。

 

戦後1950年にはプロ野球が発足しました。プロ野球発足後は球団ユニフォームのオリジナルデザインだけではなく、選手の要望にきめ細かに対応して個々の選手の手に合わせた野球用具を開発するなどして事業を拡大。選手の要望を聞くことに力を入れることでクオリティの高いサービスを提供し、当時大阪に拠点のあった南海や近鉄などの球団を中心にプロ野球や社会人野球の選手に顧客を広げました。この頃入社したのが、後に久保田運動具店の代名詞にもなる久保田スラッガーグラブの型付け師である江頭重利氏です。

 

久保田運動具店は、事業の中で久保田スラッガーのブランド名でマニアに人気のあるグラブの製造及びメンテナンスに特に力を入れています。グラブ製造を開始したのは1950年代半ば。江頭氏が当時の西鉄ライオンズの選手から「エラーしないグラブ」を要望されたのがきっかけでした。更に1960年代に入って、ある学生が雨の中にグラブを置き忘れたものを復活させる過程で、今は広く知られているグラブの「湯もみ型付け」を発案。今では、この方法による出張修理が「スラッガークリニック」の名前で熟練の職人たちに引き継がれています。江頭氏のもとで修業した職人が球団専任スタッフとして試合のある球場で待機して、緊急修理などの要望に応えているのです。

 

この間、1968年には福岡支店を開設して当時の西鉄ライオンズをサポート。1979年、ライオンズが西武ライオンズとして所沢に移転したのに合わせて所沢営業所を開設しました。そして2004年には東京支店を開設。本店と各支店、営業所が対応することによってプロ野球球団では阪神タイガース、オリックス、西武ライオンズ、ソフトバンクが主要な取引先です。その他にも社会人野球ではパナソニックをはじめとする多くの球団を取引先としています。

 

製品ひとつひとつに想いを込める久保田運動具店のコンセプト

 

英語のslugには「強打する」という意味があります。野球によく使用されるスラッガーは英語でSluggerです。したがって、スラッガーはホームランのような打球を遠くへ飛ばせる強打者のことを表しています。ブランド名の久保田スラッガーはその意味を込めて江頭氏の強い進言によって名付けられました。久保田運動具店は自社のコンセプトを「スラッガーマインド」と呼んでいます。スラッガーマインドは長年数多くの野球選手に誠実に接してきた現場の職人によって培われた職人魂です。

 

職人たちは常にプレイヤーに一番近い存在であろうと努力するとともに、プレイヤーの無限の可能性を引き出すためにプロフェッショナルとしての仕事を追及する姿勢を維持してきました。この姿勢が、モノづくりの原動力だと久保田運動具店では考えています。選手ひとりひとりの想いに応えることが「スラッガーマインド」です。この「スラッガーマインド」をもって製品を作り、サービスを提供することで野球と選手を繋ぐことができます。この精神で作られたグラブは新品であっても、直ぐに選手の手に馴染みます。このようにして創り出された技術がグラブが手に馴染む「型付け」です。提供される「型付け」は久保田運動具店独自のサービスとして広くプレイヤーに浸透しています。

 

野球に関わるものすべてを提供

 

久保田運動具店で有名なのは、選手ひとりひとりの個性に合わせて型付けしてくれるグラブです。しかし、提供している商品はグラブだけではありません。

バットやスパイクシューズ、ウエアに至るまで提供しています。また契約先のプロ野球チームでは、専任の職人がシューズのスパイク交換などの用具の整備や修理など、選手の要望を聞きながら現地できめ細かに対応しています。

 

一方で販売している野球関連商品は、選手が試合で使用するものだけに留まりません。野球ファンが応援に行く際に使用するスタジアムグッズにまで及んでいます。

野球に関連するものは、ありとあらゆるものを提供するのが久保田運動具店です。ボールや練習のためのピッチングマシン、グランドの水を吸い取るための給水ローラーまで取り扱っています。球場建設や屋内練習場の建設など、練習環境の整備にまでスラッガーマインドが発揮されています。

スポーツでは安全を確保することも大切ですので練習環境の整備の中で、選手の安全を確保するために可動式防球ネットやワイヤーガードなどにも選手の意見が反映されています。

本当に久保田運動用具店ではさまざまなケガ防止用具もプロ用や高校野球用などユーザーに応じたものが揃っています。

 

一方で、グラブ製作で培った技術を応用したバッグが話題になったこともあります。あるプロ野球選手に提供したものが報道されたことで注目され、ファンからの要望を受けて販売を始めたものです。また、全国各地からの要望に応えられるように種々の野球用品についてもインターネット販売に対応しています。

 

それぞれの野球選手の使用する用具には、プレイヤーとしての個性がしみ込んでいます。そういった用具の状態を把握した上で、熟練の知識と技術で用具を最良の状態に持っていく努力を常に続けているのが「スラッガーマインド」。

サービスを提供するのはプロ野球選手に対してだけではありません。アマチュアを含めて広く野球をする人全員に野球用具を作るプロフェッショナルとして、これまで培ってきた知識と技術を提供していくのが久保田運動具店のコンセプトです。

 

久保田運動具店の職人さんの精神

 

久保田運動具店で最も有名な職人が、先に紹介した江頭氏です。グラブの「湯もみ型付け」を考案したことで知られ、2012年には「現代の名工」に選ばれ2013年には優れた技術者に贈られる「黄綬褒章」を受賞しました。福岡支店長として会社役員を務める傍ら、新人職人の育成にも尽力してきた人物です。久保田運動具店に入社した新人は必ず、福岡支店で修業してから現場に出ることになっています。こうすることによって、スラッガーマインドが継承されているのです。そんな江頭氏も最初から高い技術を身に着けていたわけではありません。

 

就職難時代に社会に出た江頭氏は、故郷の九州での就職が困難だったことから、やむなく大阪にあった久保田運動具店に就職したのです。当時から在阪のプロ野球チームに張り付いてサービスを提供していましたが、なかなか選手に名前も覚えてもらえない状況でした。野球用品を納入するだけではなく、選手の要望を聞いて回ることで覚えてもらったのです。この精神が、今の「スラッガーマインド」につながり、現在現場で活躍している職人に引き継がれています。

 

久保田スラッガーグラブは職人が一つ一つ思いを込めて仕上げ

 

久保田運動具店の販売する久保田スラッガーグラブは、野球を普及させるという会社の精神を反映して、職人により一人一人の選手にとって最適な状態となるよう仕上げられたものです。

職人たちは「スラッガーマインド」と呼ばれるコンセプトに基づいてプロ・アマ関係なくすべての野球選手の要望を聞いて一人一人のためにグラブを製作しています。

 

今回、改めて久保田運動用具店を掘り下げましたが、調べれば調べるほどみんなが大好きな理由が分かった気がします。

 

↓要チェックです↓

 

 https://www.kubota-slugger.co.jp/